« ソニーPSV視力低下への入り口 | トップページ | 携帯ゲーム機器は子供から視力と思考能力を奪う »

2019年3月 7日 (木)

子供の視力回復~近視治療計画

仮性近視を治す方法

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

近視は病気ではないし、視力回復は医者の仕事ではないと割り切っている眼科医がほとんどのような気がします。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならラッキーでと捉えましょう。真性近視という、近視確定、即メガネという診断にならなければ、まだ救いの道はあります。これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。医者によっては「危険を伴うので使わないほうが良い」と言う人もいるくらいです。

眼科では仮性近視を治さないというあなたの知らない驚くべき真実があるのです。その事実に真っ向から立ち向かう一人の人物がいます。





これらは近視製造機と言われるほど最悪な条件が揃っている悪魔のツールです。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。サンドールPなどの名前の点眼薬、これを処方されて、毎晩就寝前に差すという指示を受けます。

« ソニーPSV視力低下への入り口 | トップページ | 携帯ゲーム機器は子供から視力と思考能力を奪う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療計画:

« ソニーPSV視力低下への入り口 | トップページ | 携帯ゲーム機器は子供から視力と思考能力を奪う »