« スマホのゲームアプリは目を悪くするだけ | トップページ | 任天堂の製品などは視力低下の最大原因 »

2019年2月13日 (水)

子供の視力回復~視力復活は可能か?

医師によっては使わないほうが良いとする意見もあるようです。

現代は生活の中に発光画面がやたらに増えています。子供の目の健康には信じられないくらいの危険な社会です。

実は眼科では視力回復はレーシック手術以外はその根拠を認めていません。あえて面倒な近視患者は放っておいたほうがよいと考えるのが普通ではないでしょうか。仮性近視の子供の親の愚かさは子育てへの反省や後悔ばかりで、真の解決策を見いだせないことです。結局「メガネが必要です。」と眼科で診断されてしまうのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。子供の仮性近視が増えています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目がないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科ではサンドールPなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。



子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。

« スマホのゲームアプリは目を悪くするだけ | トップページ | 任天堂の製品などは視力低下の最大原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力復活は可能か?:

« スマホのゲームアプリは目を悪くするだけ | トップページ | 任天堂の製品などは視力低下の最大原因 »