« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

子供の視力回復~視力復活法はあるか?

ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。



視力低下を招く生活習慣

点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。しかし結局その薬でしばらく視力の推移を見ながら診察を続けることになります。

メガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科医で検査を受けることが第一歩としては大事です。「仮性近視」との診断ならまだ救いがあります。こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。瞳孔を開く薬、名前がミオピンという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。この点眼薬だけを頼りにしばらくは視力の経過を見てみることになります。眼科では視力回復はどちらかといえば専門外なのです。子供の仮性近視が増えています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

2019年1月20日 (日)

スマホのゲームアプリ視力障害への道

要するに親の仮性近視に関する知識不足で、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

田中謹也のアイトレーニングの実績

視力が落ちてしまう原因は、近くに視点を固定してしまう、これが視力にとって最悪のことなのです。

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟の場合年長の子が近視になると、次以降の子の視力は割と安全です。次のこどもが視力検査で異常が出る可能性が強くなります。

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる スマホのゲームアプリは最悪です。



でも最年長の子供が視力が良いと、つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。





最初はメンタルな重圧、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供が近視になるとなにかと心配になることが多いです。小さい子供の視力の悪化が増え続け、深刻化してきています。

2019年1月 4日 (金)

スマホのゲームアプリが引き起こす視力低下の危険性

児童の視力異常が深刻な社会問題になっています。視力を取り戻す簡単な方法

視力低下の原因は、近くに視点を固定してしまう、これが視力にとって最悪のことなのです。





子供の近視で興味を引くのは、兄弟の場合年長の子が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。子供が近視になるとなにかと苦労になることが多いです。つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける スマホのゲームアプリは最悪です。



第一に心理的重圧、このことが親に重くのしかかります。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

然し乍ら上の子が近視にならないと、つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

第二子以降のこどもが眼を悪くする可能性が増えてきます。

というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »