« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ視力低下への入り口 »

2018年12月 9日 (日)

子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う

眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。子供の視力低下は親の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。仮性近視でよく処方されるミオピンどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。仮性近視への疑問





点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められます眼の水晶体のピントを調整している筋肉を麻痺させて、筋肉を弛緩させるだけのものです。

そして数週間様子を見ることになります。子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ視力低下への入り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/74736163

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う:

« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ視力低下への入り口 »