« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »

2018年11月 5日 (月)

子供の視力回復~視力矯正の可能性

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

眼科ではミドリンMなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。眼科では仮性近視は治らないという事実があるのをあなたはご存じですか。あえて面倒な近視患者は放っておいたほうがよいと考えるのが普通ではないでしょうか。人間の視神経に有害なブルーライトを発するゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、これらの機器が子供は大好きです。

« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/74536765

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正の可能性:

« 悪魔のささやきパズドラ | トップページ | ツムツム視力低下への入り口 »