« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月24日 (土)

視力低下スマホのゲームアプリシステム





視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる スマホのゲームアプリは最悪です。



仮性近視をまねく生活習慣

つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。

二番目のこどもが視力が落ちてしまうリスクが高くなります。

小さい子供の視力の衰えが増え続け、深刻化してきています。子供の視力に異常が出るとなにかと不安になることが多いです。近視になる原因とは、近くのものを長時間見続ける、これが視力にとって最悪のことなのです。

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟だと一番上の子が近視になると、次以降の子の視力は割と安全です。けれども最年長の子供が視力が良いと、つまり親が近視、仮性近視についての知識が不足していると、こどもが近視になりやすいというわけです。最初はメンタルな不安、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

2018年11月18日 (日)

パズドラの学習効果は低いが視力低下効果は高い

近視になる原因とは、近くに視点を固定してしまう、これが主な最大の原因です。

けれども第一子が視力が良いと、というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。

小さい子供の視力低下が増えています。至急に対策を講じる必要があります。要するに親の視力の健康維持に対する認識が不足していると、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 自分のこどもが近視になるとなにかと面倒が多くなります。つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従って任天堂のDS、3DSなどは、視力低下の諸悪の根源です。でも早いうちなら視力を回復させることが可能です。子どもの視力回復トレーニングが有効です。

年少の兄弟姉妹が、視力低下になる可能性が増えてきます。

なんといってもメンタルな不安、これにまず親は参ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟の場合年長の子が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける パズドラは最悪です。



仮性近視を引き起こす生活習慣





2018年11月16日 (金)

ツムツムは視力低下を引き起こす

というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。

子供の近視で面白いのは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。



つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。したがってスマホアプリなどのゲームは、子どもの視力を喰い物にしているのです。でも子どものうちなら視力回復の良い方法があります。

二番目のこどもが視力が落ちてしまう危険の度合が高くなります。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる ツムツムは最悪です。



最初はメンタルなストレス、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

視力が落ちてしまう原因は、近くに視点を固定してしまう、このことが主な原因であることは明白です。

仮性近視の子供~親が認識しておくべきこと

然し乍ら第一子が視力が正常なままだと、自分のこどもが眼を悪くしてしまうとなにかと厄介ばかり募ってきます。こどもの仮性近視の問題は放置しておくと、ますます深刻化して行きます。

2018年11月12日 (月)

子供の視力回復~明日の視力矯正





子供の視力を回復させることは難しいと思われるかもしれませんが、それは可能なのです。

いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。そして数週間様子を見ることになります。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

眼科は本気であなたの仮性近視が治るとは思っていません。仮性近視の子供~親が認識しておくべきこと

仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば慎重にことを進めれば視力を回復できるでしょう。眼科医が本気であなたの子供の仮性近視を治そうと努力しない理由は実は単純です。ただその事実を確かめてしまうと、あなたは自分の選択を悔いることになるかもしれません。

しかし結局その薬でしばらく視力の推移を見ながら診察を続けることになります。

実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。瞳孔を開く薬、名前がミオピンという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

2018年11月 7日 (水)

ツムツム視力低下への入り口

年少の兄弟姉妹が、視力を下げてしまう確率が強くなります。

仮性近視は治るのか?

だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

こどもの近視で特筆すべきは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる ツムツムは最悪です。



つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 こどもが視力低下になるとなにかと不安ばかり募ってきます。



しかし上の子が視力が正常なままだと、視力低下の原因は、近くに視点を固定してしまう、このことが主な原因であることは明白です。

まず心理的重圧、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

児童の視力異常が深刻な社会問題になっています。

2018年11月 5日 (月)

子供の視力回復~視力矯正の可能性

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

眼科ではミドリンMなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。眼科では仮性近視は治らないという事実があるのをあなたはご存じですか。あえて面倒な近視患者は放っておいたほうがよいと考えるのが普通ではないでしょうか。人間の視神経に有害なブルーライトを発するゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、これらの機器が子供は大好きです。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »