« 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力改善 »

2018年10月 3日 (水)

子供の視力回復~近視克服は不可能か





子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

仮性近視は眼科に頼ってはダメ

しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

だから仮性近視になった人は特に注意が必要なのです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視かどうかを見極めるためサンドールPなどという筋肉弛緩剤のような点眼薬を処方されます。眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。こどもの視力低下には注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますメガネの生活になることに意外に子供はのほほんとしていたりします。でも親に気を使ってかわかりませんが、辛い近視人生の開始となったのは確実です

« 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力改善 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/74317468

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視克服は不可能か:

« 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ | トップページ | 子供の視力回復~田中謹也・視力改善 »