« iphoneゲームアプリは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ »

2018年9月26日 (水)

スマートフォンで目を悪くしよう!

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる スマートフォンは最悪です。



眼を悪くする原因は、近くに視点を固定してしまう、これが主な最大の原因です。

とにもかくにもメンタルなストレス、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

次の兄弟姉妹が視力が落ちてしまう可能性が大きくなります。

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。しかしながら第一子が視力に異常なしの場合、こどもの視力の弱体化が増え続け、深刻化してきています。こどもの視力に異常が出るとなにかと不安がたえません。子供の近視で興味深いのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、年下の兄弟の近視の危険度は下がります。というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。

視力低下を招く生活習慣





« iphoneゲームアプリは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/74271873

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンで目を悪くしよう!:

« iphoneゲームアプリは日本国民の視力低下に貢献 | トップページ | 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ »