« スマートフォンで目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~近視克服は不可能か »

2018年9月29日 (土)

視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ

視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける スマホのゲームアプリは最悪です。



最初は心理的ストレス、このことが親に重くのしかかります。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

こどもが視力低下になるとなにかと不安ばかり募ってきます。仮性近視を治す方法

視力が落ちてしまう原因は、長く目の前のものばかりを見てしまう、これが主な最大の原因です。

しかし長男長女などが視力を悪くしないと、要するに親の視力の健康維持に対する認識が不足していると、こどもが近視になりやすいというわけです。



二番目のこどもが視力が落ちてしまうリスクが高くなります。

だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

小学生の視力低下が増え続け、深刻化してきています。子供の近視で興味を引くのは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。

« スマートフォンで目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~近視克服は不可能か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/74294484

この記事へのトラックバック一覧です: 視力低下シンドロームスマホのゲームアプリ:

« スマートフォンで目を悪くしよう! | トップページ | 子供の視力回復~近視克服は不可能か »