« iphoneゲームアプリは視力低下に最悪 | トップページ | ツムツムは眼を悪くする第一原因 »

2018年7月18日 (水)

子供の視力回復~視力回復計画

こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科では仮性近視を治さないというあなたの知らない驚くべき真実があるのです。その事実に真っ向から立ち向かう一人の人物がいます。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視への疑問

何回かの視力検査を経て眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点ではある程度の覚悟ができてしまっていて諦めが付いているかもしれません。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。





これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

眼科は視力回復センターではなく、眼鏡店を傘下に抱いているという悲しい事実を思い起こしてみる必要があります。子供の視力低下が増えています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

仮性近視かどうかを見極めるためサンドールPなどという筋肉弛緩剤のような点眼薬を処方されます。子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。子供の視力低下は保護者の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。

« iphoneゲームアプリは視力低下に最悪 | トップページ | ツムツムは眼を悪くする第一原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/73876186

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力回復計画:

« iphoneゲームアプリは視力低下に最悪 | トップページ | ツムツムは眼を悪くする第一原因 »