« 視力低下ソニーPSPシステム | トップページ | 視力低下スマートフォンシステム »

2018年7月31日 (火)

3DSはこどもの視力の敵

仮性近視は眼科に頼ってはダメ

したがって親が近視の予防策についてしっかりと認識した時点で、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

眼を悪くする原因は、近くのものを見続ける凝視する、これが視力にとって最悪のことなのです。





つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってPSPなどのゲーム機器は子どもの視力にとって最悪です。眼を悪くしてしまったら、一刻も早く視力を回復させる手立てを考えなければなりません。

要するに親の仮性近視に関する知識不足で、こどもが仮性近視になる率が高くなるというわけです。 こどもが仮性近視になるとなにかと不安になることが多いです。子供の近視で注目すべきは、兄弟の場合年長の子が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。はじめは精神的負担、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

児童の視力の衰えが増えています。至急に対策を講じる必要があります。二番目のこどもが視力を下げてしまう危険の度合が増えてきます。

しかし最年長の子供が視力を悪くしないと、視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける 3DSは最悪です。



« 視力低下ソニーPSPシステム | トップページ | 視力低下スマートフォンシステム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/73951283

この記事へのトラックバック一覧です: 3DSはこどもの視力の敵:

« 視力低下ソニーPSPシステム | トップページ | 視力低下スマートフォンシステム »