« 視力低下の最大原因ソニーPSP | トップページ | 視力低下シンドロームiphoneゲームアプリ »

2018年6月25日 (月)

子供の視力回復~まだまだ近視克服

でも子供の仮性近視ならまだ間に合うかもしれません。早いうちなら視力回復トレーニングが有効です。

実は仮性近視は眼科へ通い続けても良くなりません。仮性近視と診断されたら、眼科医ではミドリンと呼ばれる点眼液などを処方します。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。



これをしばらくの間、毎晩点眼して様子を見ることになります。でもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

効くはずもない点眼液の洗礼を経て、やがて眼科医から「メガネがないと授業に差し支えますね」とドキッとする言葉を投げかけられ諦めの境地がやって来ます。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科でまず診察を受けるのですが、「仮性近視」と診断されたらその時点でやるべきことが実はあります。点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

« 視力低下の最大原因ソニーPSP | トップページ | 視力低下シンドロームiphoneゲームアプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/73744775

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~まだまだ近視克服:

« 視力低下の最大原因ソニーPSP | トップページ | 視力低下シンドロームiphoneゲームアプリ »