« 本当に眼に悪いのだよ!ツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

2018年6月11日 (月)

子供の視力回復~近視克服の世界

まさかこんなはずではなかったと、子育てへの自信と不安が襲ってくる。

眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..



点眼で視力が改善しも、近くばかりを長時間凝視する習慣を続ければ同じことの繰り返しとなります。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、子供の仮性近視で最初に頼るのは診断した眼科医の判断です。だから仮性近視になった人は特に注意が必要なのです。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。視力低下を招く生活習慣

子供の視力が低下の危機に瀕しています。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますでもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。

« 本当に眼に悪いのだよ!ツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/73660131

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視克服の世界:

« 本当に眼に悪いのだよ!ツムツム | トップページ | 視力低下を引き起こす任天堂の製品は無責任 »