« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

任天堂の製品視力障害への道

年少の兄弟姉妹が、視力が落ちてしまう可能性が増してきます。

自分のこどもが仮性近視になると何かと気苦労が絶えません。子供の近視で面白いのは、兄弟の場合年長の子が近視になると、二番目以降の視力は割と安全です。然し乍ら上の子が視力が正常なままだと、結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもが視力が低下してしまうことも防げるようになるというわけです。

最初は心理的問題でやられます、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?





小児の視力低下が増えています。早急な対策が必要です。つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。したがってスマホアプリなどのゲームは、子どもの視力を喰い物にしているのです。でも子どものうちなら視力回復の良い方法があります。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる 任天堂の製品は最悪です。



視力低下の原因は、近くのものを見続ける凝視する、これが主な原因になっています。

田中謹也の視力回復法は本物か?

つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。

2018年1月24日 (水)

子供の視力回復~視力矯正はまだ間に合う

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視が眼科で治らなかったのは仕方がないことです。眼科では点眼でダメならあとはメガネというパターンが多いからです。何故でしょうか?

子供の視力低下が増えています。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

仮性近視は眼科に頼ってはダメ

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。

ミオピンなどの名前の点眼薬、これを処方されて、毎晩就寝前に差すという指示を受けます。そして数週間様子を見ることになります。



子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科医で検査を受けることが第一歩としては大事です。「仮性近視」との診断ならまだ救いがあります。眼科では仮性近視が散瞳剤などで視力回復しても、それも一時的、仮性のものだという認識があります。こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。でもここで真剣な親ならダメ元でも何とかならないか考えるでしょう。無駄な足搔きでしょうか?実はそんなことはないのです。あなたの知らなかった視力回復法に行き当たる可能性もあるのです。

仮性近視の子供の親の愚かさは子育てへの反省や後悔ばかりで、真の解決策を見いだせないことです。結局「メガネが必要です。」と眼科で診断されてしまうのです。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。医者によっては「危険を伴うので使わないほうが良い」と言う人もいるくらいです。

2018年1月21日 (日)

スマホのゲームアプリの学習効果はあくまでもバーチャル、しかし視力低下は現実

つまり親が近視、仮性近視についての知識が不足していると、こどもが近視になりやすいというわけです。恐ろしい眼科の落とし穴





結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。

次のこどもが近視になる確率が大きくなります。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる スマホのゲームアプリは最悪です。



つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってパソコンでアクションゲームを長時間行うなどは、恐ろしい結果を招くことは明らかです。手遅れにならないうちに視力回復の手立てを考えなければなりません。子どもの視力回復は可能です。

わが子が眼を悪くしてしまうとなにかと苦労です。視力低下を招く原因は、長く目の前のものばかりを見てしまう、これが主な原因になっています。

しかしながら上の子が視力が正常なままだと、子供の近視で特徴的なのは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、次以降の子の視力は割と安全です。小さい子供の視力の弱体化の問題は放置しておくと、ますます深刻化して行きます。最初は精神的重圧、これにまず親は参ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

2018年1月11日 (木)

子供の視力回復~永遠の近視治療

眼科では仮性近視を治さないというあなたの知らない驚くべき真実があるのです。その事実に真っ向から立ち向かう一人の人物がいます。

子供の仮性近視が増えています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

医者によっては「危険を伴うので使わないほうが良い」と言う人もいるくらいです。

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミオピンなどの点眼薬があります。子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば適切な対処ができれば視力を回復できるでしょう。



まさかこんなはずではなかったと、子育てへの自信と不安が襲ってくる。

こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。仮性近視への疑問

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。この点眼薬だけを頼りにしばらくは視力の経過を見てみることになります。実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

ここでしぶとい親なら諦めずに子供のためにまだ何とかしようとするでしょう。悪あがきですか?実のところは無駄ではないかもしれません。あなたが知らなかった真実があるかもしれません。

眼科は本気であなたの仮性近視が治るとは思っていません。仮性近視が良くなることを期待していたが、眼科でついに「そろそろメガネですかね…」と平然と言われてしまうと、親として子供にすまない気持ちになってしまいます。

2018年1月 8日 (月)

ソニーPSPは目を悪くするだけ

最初は心理的不安、これで親は滅入ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で興味深いのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、二番目以降の視力は割と安全です。つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける ソニーPSPは最悪です。



仮性近視が眼科で治らない理由





というわけで親が近視の予防ということを意識したならば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

自分の子供が視力低下になるとなにかと心配が絶えません。要するに親の仮性近視に関する知識不足で、こどもが仮性近視になる率が高くなるというわけです。 視力低下を招く原因は、近くを凝視する、これが一番の原因であることは明らかです。

小学生の視力低下が増えています。至急に対策を講じる必要があります。次の兄弟姉妹が近視になるリスクが強くなります。

しかしながら第一子が視力が正常なままだと、

2018年1月 3日 (水)

スマホのゲームアプリで遊ぶこどもは視力と脳がやられる

こどもの眼が悪くなるとなにかと心配です。まず心理的問題でやられます、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

要するに親の視力の健康維持に対する認識が不足していると、こどもの視力低下を招いてしまうわけです。 仮性近視になる原因とは、近くのものを長時間見続ける、このことが主な原因であることは明白です。

しかし最年長の子供が視力が良いと、子供の近視で面白いのは、兄弟や姉妹は、年長が近視になると、弟や妹は近視の確率が減ります。つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従って任天堂のDS、3DSなどは、視力低下の諸悪の根源です。でも早いうちなら視力を回復させることが可能です。子どもの視力回復トレーニングが有効です。

次のこどもが近視になる公算が大きくなります。





小学生の視力の衰え、これは現代社会病にもなってきています。結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

田中謹也のアイトレーニングなら費用最小、効果最大

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視することの多い生活習慣を正さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続ける スマホのゲームアプリは最悪です。



« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »