« 視力低下3DSシステム | トップページ | スマートフォン仮性近視への階段 »

2017年8月13日 (日)

子供の視力回復~視力改善で未来計画

「仮性近視ですね!」重くのしかかかってくる眼科医の診断の言葉。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンMなどの点眼薬があります。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでのところに立たされているのです。

子供が目を悪くしてしまうと、まずは眼科に連れてゆきますね、眼科ならもしかして仮性近視を治すことができるかもしれないと言う期待を持って...仮性近視を治せないまでも、治そうとする努力をする眼科医もいます。しかし仮性近視は眼病ではないと当たり前のように放っておく眼科医が多いのも事実です。

いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。効くはずもない点眼液の洗礼を経て、やがて眼科医から「メガネがないと授業に差し支えますね」とドキッとする言葉を投げかけられ諦めの境地がやって来ます。実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

この薬を仮性近視に使用するのを疑問視する声もあります。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。この点眼薬だけを頼りにしばらくは視力の経過を見てみることになります。こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。子供の視力低下は親の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。



仮性近視・視力低下の原因は?

« 視力低下3DSシステム | トップページ | スマートフォン仮性近視への階段 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/71406012

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善で未来計画:

« 視力低下3DSシステム | トップページ | スマートフォン仮性近視への階段 »