« 視力低下の諸悪の根源任天堂の製品 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善は不可能か »

2017年7月17日 (月)

子供の視力回復~視力矯正都市伝説

こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。油断しているとアッという間に眼を悪くします。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。眼科ではサンドールPなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでおびき寄せられているのです。





眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

子供が目を悪くしてしまうと、まず眼科ですね。しかしここで間違えてしまうのは眼科医だけに頼ってしまうことです。仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

眼科医で視力が回復すると考えているなら愚かなことです。この点眼薬は魔法の薬ではありません。近視の特効薬でもありません。点眼薬ミドリンMは仮性近視治療の特効薬か?

これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。

仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。

« 視力低下の諸悪の根源任天堂の製品 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善は不可能か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/71157046

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正都市伝説:

« 視力低下の諸悪の根源任天堂の製品 | トップページ | 子供の視力回復~視力改善は不可能か »