« 子供の視力回復~視力矯正都市伝説 | トップページ | 子供の視力回復~視力復活ストーリー »

2017年7月23日 (日)

子供の視力回復~視力改善は不可能か

眼科医によってはこのミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目は殆ど無いと言い切ります。視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科で検診をうけて仮性近視との診断ならその時点ではまだ良いほうかもしれません。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでのところに立たされているのです。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。処方された点眼薬ですが、この薬の作用や内容をご存知の方は意外に少ないのです。こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。人間の視神経に有害なブルーライトを発するゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、これらの機器が子供は大好きです。

眼科で近視の患者が治ってしまえば、近くにある系列の眼鏡店が儲からなくなってしまいます。仮性近視と診断され点眼薬を処方され、しばらく様子をみることになります。田中謹也が推し進める視力回復改革

眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。





子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

« 子供の視力回復~視力矯正都市伝説 | トップページ | 子供の視力回復~視力復活ストーリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/71213119

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力改善は不可能か:

« 子供の視力回復~視力矯正都市伝説 | トップページ | 子供の視力回復~視力復活ストーリー »