« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ国民視力低下貢献賞 »

2017年3月16日 (木)

子供の視力回復~視力矯正への近道





子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。子供の視力低下は保護者の責任です。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。子供の視力を回復させることは難しいと思われるかもしれませんが、それは可能なのです。

子供の視力が低下の危機に瀕しています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、まずは眼科に連れてゆきますね、眼科ならもしかして仮性近視を治すことができるかもしれないと言う期待を持って...瞳孔を開く薬、名前がミオピンという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。この点眼薬は魔法の薬ではありません。近視の特効薬でもありません。しかし結局その薬でしばらく視力の推移を見ながら診察を続けることになります。

差し心地の決してよくないその点眼液を数週間使用した後、再検査、または再々検査を経て告げられるのは「そろそろメガネにしましょうか」の常套句。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科医で視力が回復すなどと期待しているならそれは愚かなことです。もし視力が回復する患者さんが続出するなら死活問題になってしまうのです。仮性近視は治ります。でも眼科に頼るだけでは悪くなるばかりかもしれません。子供が仮性近視と診断され慌てている親たちの気持ちを受け止めてくれるような視力回復法があります。

視力改善インストラクターの21世紀理論子供の視力改善トレーニング

« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ国民視力低下貢献賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/69938378

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正への近道:

« 視力低下スマホのゲームアプリシステム | トップページ | スマホのゲームアプリ国民視力低下貢献賞 »