« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 視力低下DSの責任者は出てこい »

2017年3月22日 (水)

子供のための視力復活法





こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の利器がもたらす悪影響に成長期の子供たちが真っ先にさらされている危惧すべき状況と言えるでしょう。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科で検診をうけて仮性近視との診断ならその時点ではまだ良いほうかもしれません。眼科に頼るならサンドールP等の点眼薬が淡い期待を持たせてくれます。とにかく数週間それを点眼して経過を見ることになります。医師によっては使わないほうが良いとする意見もあるようです。

そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。でもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..ただ極稀に視力が少し戻る場合もあるのですが、ほとんどは真性近視に推移するだけです。仮性近視を治せないまでも、治そうとする努力をする眼科医もいます。しかし仮性近視は眼病ではないと当たり前のように放っておく眼科医が多いのも事実です。

視力改善を望むならコレ子供の視力改善トレーニング

« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 視力低下DSの責任者は出てこい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/70008741

この記事へのトラックバック一覧です: 子供のための視力復活法:

« 子供の視力回復~近視治療の常識の嘘 | トップページ | 視力低下DSの責任者は出てこい »