« 日本を近視社会にするスマホのゲームアプリ | トップページ | 視力低下スマホのゲームアプリシステム »

2017年3月14日 (火)

子供の視力回復~視力アップは可能か?





こどもの視力低下には注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが目を悪くしたのは親の監督不足が原因です。親としては視力低下の原因を認識して、予防や対処に務めるべきだったかもしれません。子供には厳しく目の正しい習慣付けをしないと、将来視力だけでなく重大な眼の障害も抱える可能性が高くなります。大丈夫まだ間に合います。

自分の子供が仮性近視になったら、親はまずとにかく眼科医のもとを訪れます。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。仮性近視と診断されたら、眼科医ではミオピンと呼ばれる点眼液などを処方します。しかし点眼液に頼るのではなく、手遅れにならないように先手を打っておかなければならないことがあります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPは瞳孔を開かせる、つまり眼の調整筋の緊張を一時的に和らげるものです。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

仮性近視が良くなることを期待していたが、眼科でついに「そろそろメガネですかね…」と平然と言われてしまうと、親として子供にすまない気持ちになってしまいます。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?その理由は様々ありますが、もし仮性近視の特効薬があっても眼科ではそれをススメないでしょう。仮性近視のお子さんが眼科で検診を受け続けていては手遅れになることがある、こう言い切る視力回復インストラクターがいます。その真意は?

視力改善インストラクターの21世紀理論子供の視力改善トレーニング

« 日本を近視社会にするスマホのゲームアプリ | トップページ | 視力低下スマホのゲームアプリシステム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/69916924

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップは可能か?:

« 日本を近視社会にするスマホのゲームアプリ | トップページ | 視力低下スマホのゲームアプリシステム »