« 子供の視力回復~近視克服計画 | トップページ | 任天堂3DSは仮性近視の原因 »

2017年3月26日 (日)

子供の視力回復~視力矯正と健康





こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。眼が悪くなるから勉強しないなんて悪たれをつく子供でも、本当に目に悪いDSやPSPなどの発光画面なら平気で何時間も続けられます。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を増大させる環境を産み出して続ける限り、子どもたちが犠牲になり続け解決は遠いでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科ならもしかして仮性近視を治す秘策を伝授してくれるかもしれないと期待して、眼科医を訪ねます。ミオピンなどの名前の点眼薬、これを処方されて、毎晩就寝前に差すという指示を受けます。まだ初期段階の仮性近視なら視力はある程度回復することも稀にあります。点眼で視力が改善しも、近くばかりを長時間凝視する習慣を続ければ同じことの繰り返しとなります。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。仮性近視は治ります。でも眼科に頼るだけでは悪くなるばかりかもしれません。子供が仮性近視と診断され慌てている親たちの気持ちを受け止めてくれるような視力回復法があります。

仮性近視を治すための本当のこと子供の視力回復トレーニング

« 子供の視力回復~近視克服計画 | トップページ | 任天堂3DSは仮性近視の原因 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/70044357

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正と健康:

« 子供の視力回復~近視克服計画 | トップページ | 任天堂3DSは仮性近視の原因 »