« 子供の視力回復~必勝!視力改善 | トップページ | 子供の視力回復~永遠の近視治療 »

2015年12月26日 (土)

子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。眼に悪い現代社会の環境、でもそんな環境だからこそわが子にしてやれることがあります。またそれは親の責任でもあります。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。兎にも角にも、わが子の視力低下は、親の責任できちんと予防しなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。眼科に頼るならミドリンMという点眼薬などが淡い期待の唯一の拠り所です。点眼薬を処方された後はしばらく様子を見ることになります。仮性近視で処方されたミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目がないばかりか、使い方によってはとても危険な場合があります。瞳孔を強制的に開かせるため、薬が効きすぎる場合が稀にあるようです。

何回かの視力検査を経て眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点ではある程度の覚悟ができてしまっていて諦めが付いているかもしれません。もうこの時点ではあなたは眼科医の巧妙な罠に引っかかってしまい、抜け出せなくなるぎりぎりの半歩手前くらいまでのところに立たされているのです。

眼科では近視は眼病の患者とは明らかに違う扱いだと感じてしまうのはなぜでしょうか?その理由は様々ありますが、もし仮性近視の特効薬があっても眼科ではそれをススメないでしょう。眼科医が本気であなたの子供の仮性近視を治そうと努力しない理由は実は単純です。ただその事実を確かめてしまうと、あなたは自分の選択を悔いることになるかもしれません。

仮性近視を本気で治したい人たちへ、ぜひすすめたい子供の視力回復トレーニング

« 子供の視力回復~必勝!視力改善 | トップページ | 子供の視力回復~永遠の近視治療 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために:

« 子供の視力回復~必勝!視力改善 | トップページ | 子供の視力回復~永遠の近視治療 »