« 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい | トップページ | 私の視力改善 »

2015年12月13日 (日)

子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。怠っていると思わぬうちに視力を落としてゆきます。子供の視力低下は親の責任です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。子供は油断しているとどんな子でも目を悪くする可能性があります。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかく自分のこどもが仮性近視になったなら、親としてはなんとしてもそれを食い止めなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、子供の仮性近視で最初に頼るのは診断した眼科医の判断です。仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミオピンなどの点眼薬があります。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。眼科医によってはこのミドリンMやミオピン、サンドールPは効き目は殆ど無いと言い切ります。しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますこの時点であなたもあなたのお子さんも後戻りできないところまでさ迷って行ってしまったことに気づくかも知れませんし、迷い込んだままかもしれません。

実は眼科では視力回復はレーシック手術以外はその根拠を認めていません。いやむしろ敢えて治さないといったほうが良いでしょうか。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

あなたが知らない視力改善法子供の視力改善トレーニング

« 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい | トップページ | 私の視力改善 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために:

« 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい | トップページ | 私の視力改善 »