« 子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために | トップページ | 視力低下の根源任天堂3DS »

2015年12月13日 (日)

私の視力改善





子供の視力低下は深刻な問題で、早急な対処が望まれます。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親として子供の視力にはもっと気を使うべきであった、なんという思慮不足だったのかと後悔してしまうかもしれませんよね。仮性近視、この言葉に救いはあるでしょうか。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科でまず診察を受けるのですが、「仮性近視」と診断されたらその時点でやるべきことが実はあります。仮性近視でよく処方されるサンドールPなどという点眼液、ただ言われたままに寝る前に差します。そして数週間様子を見ることになります。近くにピントを合わせたまま一時的に固まってしまった筋肉の柔軟性を取り戻す目的の薬だそうです。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科医で視力が回復すなどと期待しているならそれは愚かなことです。眼病を治すのが眼科医の本来の大義と捉えていて、視力低下はいずれメガネで矯正と当然のように考えている眼科医が大半でしょう。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

現役の眼科医もわが子のために頼った子供の視力回復トレーニング真の視力改善術

« 子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために | トップページ | 視力低下の根源任天堂3DS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/62946958

この記事へのトラックバック一覧です: 私の視力改善:

« 子供の視力回復~視力アップを本気で考える人のために | トップページ | 視力低下の根源任天堂3DS »