« 子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う | トップページ | 子供の視力回復~近視治療は可能か? »

2015年12月 3日 (木)

子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな





こどもが目を悪くしないためには注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが眼を悪くしてしまったのは。親がちゃんと気にしてやらなかったからです。親としては仮性近視の予防や対策を事前に認知して、子供の視力低下を防ぐべきだったかもしれません。これは現代の社会が近視を増長する発光画面を製造し続ける限り、解決の道は遠いでしょう。ともあれわが子の視力低下となればそんな悠長なことは言ってられません。

子供の視力低下が増えています。これはIT機器のもたらす人体への悪影響が無防備な子どもたちに真っ先に襲いかかっているという危惧すべき状況と言えます。現代社会の意識がこうした事実に真剣に対処しなければ、子どもたちの犠牲が増え続ける一方であることは間違いありません。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、眼科でまず診察を受けるのですが、「仮性近視」と診断されたらその時点でやるべきことが実はあります。仮性近視には必ずと言ってよいほど処方されるミドリンサンドールPなどの点眼薬があります。この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPで一時的に固定していた調整筋が元に戻ることもあります。眼の水晶体のピントを調整している筋肉を麻痺させて、筋肉を弛緩させるだけのものです。

仮性近視を治す方法はないか、よく調べないで、眼科医の言いなりで最終的に「メガネを作りましょう」という結論に落ち着いてしまうのは、実は愚かなことなのです。この時点であなたもあなたのお子さんも後戻りできないところまでさ迷って行ってしまったことに気づくかも知れませんし、迷い込んだままかもしれません。

眼科では仮性近視を本気で治る、治せる、治そうとは思っていません。仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。仮性近視を眼科では治せないという驚きの事実を知っていたら、あなたのお子さんの視力回復は手遅れにならなかったかもしれません。

田中謹也の視力改善トレーニング子供の視力改善トレーニング

« 子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う | トップページ | 子供の視力回復~近視治療は可能か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな:

« 子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う | トップページ | 子供の視力回復~近視治療は可能か? »