« 視力低下システムスマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい »

2015年12月12日 (土)

私の視力アップ





こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。気を抜いていると、ちょっとした隙に目が悪くなっていたりします。こどもが眼を悪くしてしまうと親はとてつもない責任感に苛まれます。親としては子供のために視力低下の知識を事前に得て、多少厳しくても正しい指導をすべきであったかもしれませんね。まさかこんなはずではなかったと、子育てへの自信と不安が襲ってくる。

子供の視力低下が深刻な問題になっています。これは文明の生み出す利点により犠牲となってしまった現代社会の副産物的現象です。残念なことに現代の資本主義社会は子どもたちの視力を生贄にして、その利潤の追求を再優先にしています。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば慎重にことを進めれば視力を回復できるでしょう。瞳孔を開く薬、名前がミドリンMという点眼薬などは仮性近視の症状でよく処方されます。この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。点眼薬ミドリンMやミオピン、サンドールPなどは副交感神経を麻痺させて瞳孔を開かせ、その作用で筋肉の固定化を解いていくのが目的で処方されます。眼の水晶体のピントを調整している筋肉を麻痺させて、筋肉を弛緩させるだけのものです。

眼科医の意見を鵜呑みにしてそのまま通い続けると、ある時「そろそろメガネがないと生活に支障がでますよ」などと不安を煽られるようなことを言われます。もうこうなった時点では遅いのです。もう黙ってその眼科の隣りか向いにある眼鏡店へ処方箋を持って行き、あとはひたすら度の強いメガネに買い替える人生。

眼科医で視力が回復すなどと期待しているならそれは愚かなことです。仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

視力改善を望むならコレ子供の視力改善トレーニング

« 視力低下システムスマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/62923077

この記事へのトラックバック一覧です: 私の視力アップ:

« 視力低下システムスマートフォンのゲームアプリ | トップページ | 視力低下携帯ゲーム器の責任者は出てこい »