« 子供の視力回復~諦めない視力矯正 | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな »

2015年12月 3日 (木)

子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う






視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから言えば瞬きもせず、何時間でも平気で画面を見続けるゲーム機器、スマートフォン等は最悪です。

こどもが仮性近視にならないようにするには、日常的な注意が必要です。油断しているとアッという間に眼を悪くします。子供の視力低下は保護者の責任です。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。しかし嘆いてばかりもいられません。こどもの視力を取り戻す、視力回復は可能です。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の進化の弊害ともいうべき現代の症候群とも言えるかもしれません。これは現代の社会が近視を誘発させる状況を放置し続ける限り、子どもたちが危機にさらされ続け一層の悪化をたどることになるでしょう。とにかくも、子供の視力の悪化は、親が責任をもって対処すべきです。視力がこれ以上に悪くならないような措置はもちろんですが、できれば視力回復のための方法を試み、視力を取り戻してやりたいと思いませんか?

児童の視力の衰えの問題は放置しておくと、ますます深刻化して行きます。こどもの眼が悪くなるとなにかと不安になることが多いです。とにもかくにも精神的ストレス、これにまず親は参ってしまいます。しかしできることなら視力を回復させてやりたいと願います。可能性のある視力アップ法はないのでしょうか?

子供が仮性近視になってしまった大きな原因の一つは、近くを見過ぎたことといえます。近くを見過ぎたため、眼の焦点を調整する働きをする筋肉が近くに焦点があった状態で硬直してしまい、遠方のものが見えなくなったのです。視力をとり戻す、視力を回復させるためには、逆に遠くのものに焦点を合わせ続けるという習慣などが有効です。


子供の視力改善の真実のために闘う男、田中謹也の子供の視力改善トレーニング

« 子供の視力回復~諦めない視力矯正 | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/62788129

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療はまだ間に合う:

« 子供の視力回復~諦めない視力矯正 | トップページ | 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな »