« 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな | トップページ | 視力低下を招くPSP »

2015年12月 4日 (金)

子供の視力回復~近視治療は可能か?





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の期待を見事に裏切って、子供はすぐに仮性近視に陥ります。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

子供の仮性近視が増大する傾向にあります。これはコンピューターテクノロジーの進歩により、小型化が進む発光画面がもたらす悪影響と大きな因果関係があると言えます。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視程度なら良いほうかもしれません。でも対策を間違えないで下さい。仮性近視かどうかを見極めるためミドリンMなどという筋肉弛緩剤のような点眼薬を処方されます。ほとんど効き目のないこの薬に頼るのではなくこの時点でやるべきことが実はあります。この薬の使用に反対を唱える眼科医もいます。

眼科ではやがて、当然のような感じで「そろそろメガネですね…」と告げてきます。もうその時点では覚悟ができてしまっていて諦めの境地ということになってしまいます。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

実は眼科では視力回復はレーシック手術以外は不可能としています。仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。仮性近視のお子さんが眼科で検診だけを続けていては手遅れになる、これはある視力回復インストラクターが自信を持って言い切った言葉です。さてその真偽は?

眼科医が仮性近視を治さない本当の理由、それに真っ向から対決する子供の視力回復トレーニング

« 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな | トップページ | 視力低下を招くPSP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/62795354

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~近視治療は可能か?:

« 子供の視力回復~視力矯正をあきらめるな | トップページ | 視力低下を招くPSP »