« 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために | トップページ | パズドラ視力障害物語 »

2015年12月28日 (月)

子供の視力回復~永遠の近視治療





こどもの視力に関しては常に気をつけている必要があります。親の心配を他所に、子供は眼に悪いことが大好きです。子供の視力低下は保護者の責任です。親としては子供の視力低下を防ぐ努力を怠っていたのではないかと、後悔の念に駆られてしまうのではないでしょうか。でも子供の仮性近視ならまだ間に合うかもしれません。早いうちなら視力回復トレーニングが有効です。

眼を悪くする子どもたちの数が増え続けています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。嘆かわしいのはこうした最先端の娯楽機器の誘惑が子どもたちに襲いかかり、その提供企業は自信の利益を再優先して、良心的な対策を取っていない事です。とにかく自分の子供の視力低下はなんとしても親の責任で対応しなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまっても、まだ仮性近視の段階ならば適切な対処ができれば視力を回復できるでしょう。仮性近視かどうかを見極めるためミオピンなどという筋肉弛緩剤のような点眼薬を処方されます。この薬を寝る前に差す、毎晩必ず続けるように言われそれを実行して様子を見ることになります。実はこのミドリンMやミオピンという点眼薬は視力を元に戻す薬ではなく、ピント調整筋を麻痺させ瞳孔を開かせるためのものです。しかしある程度続けないと効果はでないとされています。

仮性近視が良くなることを期待していたが、眼科でついに「そろそろメガネですかね…」と平然と言われてしまうと、親として子供にすまない気持ちになってしまいます。こうなったらあなたは眼科医の不誠実だが責めることのできない見えない策略に子供を陥らせてしまったのです。もうほとんど手遅れだと言って良いでしょう。

眼科では仮性近視の患者はメガネを作らせてなんぼの存在です..仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。眼科医が仮性近視を本気で治療しない不都合な真実が実際にあるのです。そのを暴露して真の視力を取り戻す最善で最短の方法を教えている人物がいます。

お子さんの仮性近視はそのままだと危ない子供の視力回復トレーニング

« 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために | トップページ | パズドラ視力障害物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~永遠の近視治療:

« 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために | トップページ | パズドラ視力障害物語 »