« DSで遊ぶこどもは所詮 | トップページ | 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために »

2015年12月19日 (土)

子供の視力回復~必勝!視力改善





こどもが目を悪くしないようにするには、常日頃の注意が大事です。一寸でも目を離していると、子供は平気で目を悪くします。こどもが仮性近視になったのは、親の躾が悪かったのは明らかです。親としてはできることはやってやりたかった、子供の視力低下を認識した時点で、手遅れと感じながらも、そう思ってしまうかもしれませんね。人間の視神経に有害なブルーライトを発するゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、これらの機器が子供は大好きです。

子供の仮性近視が増えています。これは文明の負の副産物ともいうべき現代社会の現象とも言えるかも知れません。これは現代社会が眼にやさしくない状況をもたらし続ける限り、こどもたちの視力が危険に曝されている状況からは抜け出せないでしょう。とにかく、わが子の視力低下の危機はなんとしても、親の責任で防がなければなりません。

視力に関する正しい知識を身につけ、子供の視力低下の防止と視力回復のための努力が必要です。

子供が目を悪くしてしまうと、仮性近視になったことで自分の子供に対する愛情や注意が不十分だったと感じてしまい落ち込みます。眼科ではミドリンMなどの名称の透明な点眼薬が仮性近視の子供に処方されます。この薬を毎晩寝る前に差す、毎日必ず続けるように言われ様子を見ることになります。実はこのミドリンMやミオピン、サンドールPは眼を良くする薬ではなく、瞳孔を無理矢理に開かせ調整機能を弛緩させる作用の薬にすぎないのです。。しかし瞳孔拡張点眼薬で一時的に硬直していた毛球筋が元の弾力に戻っても、DSやPSV等で近くを長時間凝視する習慣を続ければ、視力調整能力はまた近くに固定されてしまいます。

そのまま淡い期待をもって眼科を信頼して通い続けると、やがて「そろそろメガネにしましょうか」と当たり前のように告げられます。親としては有罪確定を言い渡されたようなものです。メガネを作るところまで行ってしまえば、眼科医の思う壺、そこで診察は終わり、あとは隣の眼鏡店で毎年、度の強くなるメガネを作り直すことの繰り返し。

眼科は視力回復は専門外といってもよいでしょう。仮性近視から真性近視になるまで患者を生き殺し状態で傍観しているに過ぎません。眼科でお子さんの仮性近視を治そうとする熱意を感じたでしょうか?熱意がないのには当然の理由があります。ただその事実を知ってしまうと、あなたはご自分の思慮のなさを悔いることになるかもしれません。

眼科医が仮性近視を治さない本当の理由、それに真っ向から対決する子供の視力回復トレーニング

« DSで遊ぶこどもは所詮 | トップページ | 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2173617/63042737

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視力回復~必勝!視力改善:

« DSで遊ぶこどもは所詮 | トップページ | 子供の視力回復~子供の視力回復~視力アップのために »